消費者志向自主宣言

消費者志向自主宣言

令和2年6月24日
株式会社Crepas
代表取締役 牧村和慶
 

理念

株式会社Crepasは「Create Your Passage(道を作る)」を企業理念に掲げております。

当社の主力事業であるWEBメディア運営は、インターネットプロバイダーや債務整理など人の生活に関わるジャンルのメディアが多く、創業時よりこれらのメディアを運営して参りました。

不動産賃貸事業においても人の生活に関わる部分であり、利用者の生活を支える役目を担っています。

当社では正確で安全に利用できるサービスを提供することが結果として利用者(消費者)の幸せの道標となるよう努めて参ります。


 

取組方針

1.経営トップのコミットメント

当社は「消費者志向・顧客第一」を経営の最重要事項だと認識し、消費者から信頼される企業となることを目指し、これらの取組方針に関する全てを経営トップである代表が自ら行います。

また以下のようなトップメッセージを自社のホームページ等で発信しています。

  • 安全で適正な情報の提供、また、その維持・向上に努めます
  • 当社運営WEBメディアに訪問していただく利用者に対して、有益な情報を提供するとともに、クライアントや利用者からの意見やフィードバックを考慮し、常に新しい価値を提供できるよう対応します
  • 当社所有不動産を利用される方に対して、より使いやすいサービスになるよう事業関係者や利用者からの意見を取り入れて品質向上を追求します

 

2.コーポレートガバナンスの確保

当社が運営するWEBメディアは、通信系や金融系が中心ですので、最重要事項は「情報は正確・安全」であることです。 そのため、株式会社Crepasでは、プロバイダー事業者やお金の専門家と協力し、「情報の正確さ・安全性」を維持します。

例えば、債務整理情報メディアにおいては法律事務所への直接取材活動を行うことで情報の正確性を確保するよう努めています。
※「法律事務所・司法書士事務所への取材活動」参照)

不動産賃貸部門においては安心して利用いただけるよう不動産管理会社と専任媒介契約を結び、募集から管理まで信頼関係を構築し、互いに連携して迅速な対応と問題解決を行います。
 

3.スタッフの意識の醸成

利用者からの声や指摘事項を幅広く拾い、「利用者(消費者)が目の前に居る」ことを意識したサービス提供ができるよう、定期的に社内ミーティングで意識共有します。
 

4.消費者への情報提供の充実と双方向の情報交換

利用者(WEBメディア訪問者)から意見をいただけるよう問い合わせフォームを設置したり、定期的にアンケートを実施することにより、いただいた意見・結果ををWEBメディアに公開します。

不動産部門においては管理会社と協力し利用者が抱える不満などを伺い、より良いサービスを提供できるように努めます。
 

5.消費者(利用者)・社会の要望を踏まえた改善・開発

利用者(WEBメディア訪問者)からいただいた意見を踏まえ、利用者を第一に考えた安全で正確な情報をより多く提供していけるように、制作と改善を行って参ります。

具体的には週1回の定例ミーティングでサイトへお問い合わせいただいたお客様の声、クライアントの意見を社内で共有し、サイト内容の改善に繋げて参ります。

不動産部門においては安心してご利用いただけるよう常に利用者第一で迅速に対処して参ります。毎月1回、募集状況や清掃、点検報告を管理会社より収集し、改善した部分は募集ページに公開します。
 
 

消費者志向自主宣言について